松宮義仁(マツベイビー)の会社フィンテックエイジが脱税?毎日新聞が報道 怪しいビジネスがたどる末路とは?

こんにちは、トシです。

今回は松宮義仁(マツベイビー)氏のニュースについて取り上げたいと思います。

最初に私の総評をまとめておきますので参考にしてください。

項目 詳細
ガッカリ度   1.0

当サイトでは☆1~☆5で各案件を評価しています

案件名 NAGEZENIなど
販売者名 松宮義仁
販売商品など 無料オファー、仮想通貨、高額塾など
全体的な案件の評判   1.0

※管理人の主観評価です。数値の根拠は記事内に記載

管理人の評価
情報商材業界では大御所とも言えるほどの商材を出してきた松宮義仁氏ですが、3億3000万円の申告漏れをしていたことが分かりました。ネットビジネス業界の人間が表沙汰のニュースになるのは比較的珍しいですし、今後松宮義仁氏の案件が再度出てくる可能性もあるため、まとめとして記事にしたいと思います。

松宮義仁(マツベイビー)ってだれ?年収はいくらくらい?なぜ消えた?

松宮義仁氏はネットビジネス業界ではかなり大御所の人間でテレビ出演歴もあります。

引用元:https://video.tv-tokyo.co.jp/jikkuri_kiitarou/

松宮義仁氏の年収はどのくらい? 歌舞伎町で豪遊〇〇万円使って全国のキャバ嬢に知られる男

松宮義仁氏キャバクラ通いが趣味で月にこのくらいの金額を使っているようです。

2100万円。サラリーマンの年収何年分くらいでしょうかね。毎月この金額を使っているとは思えませんが、少なくない金額を使っているでしょうね。

年収を考えると、確実に億は超えていると思います。

全国のキャバ嬢もマツベイビーを知らない人はいないとかなんとか。

そんなマツベイビーは楽曲も出しています。

キャバ嬢たちと作ったミュージックビデオみたいですね。

かなり金持ちアピールをした曲です。

マツベイビーはなぜ消えたのか?

上のYoutube動画は2018年の10月頃に投稿されたものですが、現在新しい楽曲は出されていないようです。

本職はネットビジネスなのでそちらに集中していると思われます。

ここまで書くと「事業で大成功しているすごい人」のように思えてきますが、マツベイビー松宮義仁氏はインターネットでビジネスをしている人間の間では違った裏の顔があるのです。

マツベイビー 松宮義仁の裏の顔 本業は「巨大利権プロジェクト」などの高額情報商材を売りさばく男

去年の年末にインターネットの裏側で「巨大利権プロジェクト」という情報商材が案内されました。

引用元:http://krpj3.net/mv/1wazq/(現在アクセスできません)

こちらは最終的に数十万円の入塾費用を要求する高額塾だったのですが、約束された利権はまったく得られず返金騒動が起こっているようです。

また、NAGEZENI(ナゲゼニ)というクリエイター支援を目的とした仮想通貨を作ったのですが、こちらも評判が悪く専門ブログからはこのような辛口意見が出ています。

NAGEZENIはプロダクトローンチによって2016年に販売され、2018年8月に追加販売されました。日本人を目掛け、日本語でプロダクトローンチを仕掛けているため、必然的にNAGEZENIを購入している投資家は日本人です。とにかく売れるだけ売りました。

松宮義仁氏は当初発言していた内容をひっくり返して「海外投資家も巻き込んでいくプロジェクト」と発言していましたが、そもそもホワイトペーパーすらなく、公式サイトにはロードマップや開発メンバーも掲載されていません。

それに加え、どんなプロジェクトを実行していくのか具体的な発言はされていません。公式サイトは簡素なペライチです。

こんな状況で、海外取引所へ上場したNAGEZENIを誰が購入するのか?

正直、上場後にトークンを買う理由・需要がみつからず、上場後は暴落していく絵しか見えてきません。

もちろん松宮義仁本人は上昇していくって発言していますが、そうは問屋が卸さないでしょう。

引用元:https://currency.tokyo/nagezeni/42

松宮氏は2年ほど前からこのNAGEZENIを販売するために高額コミュニティを作り、「参加すれば必ず上がるNAGEZENIをあげる」といった言葉で募集をかけ続けていました。

同時に他の情報商材業界の大御所とも関わりがあり、代表的な交友関係にパンダ渡辺氏がいます。

引用元:http://krpj3.net/mv/1wazq/(現在アクセスできません)

こちらの方も松宮義仁氏と同様にインターネットで大量の高額なビジネスコンテンツを売ってきた人物です。

もちろん、それで稼げればなんの問題もないのですが、インターネットを検索すると以下のような評判が目立ちます。

気になる人は調べてみてほしいのですが、検索結果を見てもパンダ渡辺について肯定的な意見を語っている人は少ないです。具体的に彼が仕掛けた商品について調べれば肯定的な意見はさらに少なくなりますね。

松宮義仁氏の本業はこのような高額情報商材やコミュニティを売るという仕事なのです。

松宮義仁は詐欺師と言えるのか?

ここまでお話すると松宮義仁氏が「怪しい情報商材を売りさばく詐欺師」と思われる方もいるのですが、松宮義仁氏が詐欺師かどうかは議論の余地が残ります。

ただ、確かなことは高額情報商材を売りさばいた結果、稼げない人が多数でていること、またキャバクラで使っているウン千万円はそうした高額商材の販売から得られたお金だということです。

一生懸命はたらいてわずかな望みをたくして購入した松宮義仁氏の商材を買った人はどう思うんでしょうか。

激怒する人は少なくないでしょうね。

松宮義仁が毎日新聞のニュースになったのはなぜ?

そんな表でも裏でも有名な松宮義仁氏ですが、今度は新聞にのることになりました。もちろん悪い方向で。

毎日新聞の記事にはこのように書かれています。

仮想通貨の投資などに関するノウハウ「情報商材」を販売する「フィンテックエイジ」(東京都千代田区)の松宮義仁・代表取締役が東京国税局の税務調査を受け、2017年までの5年間に約3億3000万円の申告漏れを指摘されたことが関係者への取材で分かった。松宮代表取締役は一切の所得を申告しておらず、追徴税額は無申告加算税を含めて1億数千万円とみられる。松宮代表取締役はその後、申告したという。

 関係者によると、松宮代表取締役は16年ごろから独自の仮想通貨「NAGEZENI(ナゲゼニ)」を発行。情報商材を売りにするインターネットサイトも開設し、高額の入会金を集めて多額の利益を得ていたという。

引用元:毎日新聞 2019/5/20 https://mainichi.jp/articles/20190520/k00/00m/040/254000c

要は5年間のあいだ所得の申告が行われておらず、それまでの稼いだお金に対して税金と追徴税を請求されたということです。

平たくいうと税金をおさめていなかったということですね。

脱税行為というのは以下のようなもののことです。

所得の過少申告(所得隠し)

所得税は、確定申告等によって納税額が決まります。確定申告とは簡単に言えば所得額や控除額を確定・申告する手続きのことです。

所得の過少申告とは、確定申告書等において所得額を少額にして申告することです。具体的には、本来受け取った所得の一部を、別の口座に預け入れる等によって、所得の一部を隠して無かったことにします。これによって所得を少なくして適用される税金を免れる行為を指します。

このように所得の過少申告はれっきとした虚偽申告であり、脱税行為に当てはまります。

控除額の架空申告

確定申告では控除額も記入します。そこでありもしない控除を受けようとする行為も、脱税行為に当てはまります。

具体的には実際に発生していない医療費や生命保険料を計上して、控除を適用する方法です。受けていないにも関わらず領収書を作成する手の込んだ方法もあります。

無申告・申告忘れ

所得税法上では確定申告の手続きをしなければならない人を具体的に定めています。けれども、この対象者に当てはまっているにも関わらず確定申告をしない人もいます。

引用元:税理士ドットコム https://www.zeiri4.com/c_3/h_231/

今回の松宮義仁氏の場合は記事からでは完全な判断ができませんが所得隠し、もしくは無申告・申告忘れに該当します。

立派な脱税ですね。

松宮義仁の主な所得は高額塾販売

引用元:http://flclub2.net/lp/1v4(現在ページはありません)

最初にお話したように、松宮義仁氏は数年前から高額塾販売を行ってきており、自身の作った仮想通貨「NAGEZENI」をひたすら売り込んでいました。

最近、特に話題になったのは「フリーダムライフクラブ」という高額塾で、たくさんの返金騒動が起こったことで有名です。

実際の評判はこのようなものでした。

私もやられました。。フリーダムライフクラブ会員、CBC会員、CFC会員 とバカみたいに3つも別々に 宣伝に騙されて入会してしまいました。今まで1円のリターンもないどころか フリーダムライフクラブの黄金の鍵(ただの ICOや爆上げコインの情報)なるものを信じて さらに投資した後暴落。 もらったNZEも くず同然の価値しかありません。自分のバカさがいやになりますが、いまでもなお 色んなアフィリエイトと思われる案件のメイルをたれながしにして あちこちでさらにお金を集めようとしているのが許せません。

少しでも返金してもらいたいですが、可能性はあるのでしょうか。。。
ちなみに 私はインペリアルクラブもフリーダムライフクラブも サイトにはログインできます。どなたか必要な情報があれば サイトからとれるものはとりますので。。

引用元:http://www.wise-agent.com/coin001/266

現在も多くの方が被害にあったと投稿していて、返金なども対応されていない状況のようです。

高額塾販売や他の高額塾販売者からのアフィリエイトで3億以上を稼いでいたようですが、今回の脱税で松宮義仁氏は資産の多くを失ったので返金にも対応できないのではないかと思われます。

怪しいビジネスがたどる末路とは?

怪しいビジネスをしている人は法律関係についても適当であることがおおいですね。

ネットビジネスなら確定申告はしなくていいとか、特商法は適当でいいとか、必要な資格を持っていないということも多々あります。

しかし、詐欺に近い方法でビジネスを続けたとしても最終的にはこのような制裁を受けることになるのです。

松宮義仁氏は何年も甘い汁を吸っていたようですが、年貢の納め時となったということでしょう。

新聞に報道された記事はインターネット上に残り続けますので、松宮氏がネットビジネス業界で復活することはかなり厳しいのではないかと思います。

「金さえ稼げればいい」という考えのもとでビジネスをしていると、このような末路をたどりがちです。

ビジネスは人と人との関係から生まれるやり取りです。

人間をお金に変えるような稼ぎ方はかならず限界がきます。

本当に実力をつければビジネスはちゃんと稼げますし、稼ぎ続けられるものなのです。

松宮義仁氏 脱税 まとめ

以上、松宮義仁氏について私なりの見解を書いてみました。

一般に認知されている、権威性があるからといって必ずしも真っ当な人物ではないというのは怖いですね。

今後も似たような事件は起こるでしょうし、変わらず怪しいビジネス案件は出続けると思います。

返金を要求しても返金されないパターンは珍しくありませんし、弁護士を雇って返金に成功してもそのうちの何割かは弁護士の成功報酬として持っていかれ、時間とお金だけを失うことになります。

いちばん大切なのは最初から怪しいビジネス案件に引っかからないこと。

そこで、この手の案件を見る際に気を付けて欲しいポイントがあります。

それは、「稼げる人」ほど恐らく、「うわ、また変なのが出た」と感じるだろうし、「稼げない人」ほど「もしかしたらこれで人生逆転できるかも」と感じるという点ですね。

その理由は「稼げる人と稼げない人」とでは「良いビジネスの定義」が違うからです。

もちろん、この手の案件はたまに稼げることもあるし私も裏技で稼いだ経験もあるので何ともいえないのですが。

結局はしっかりビジネスを学んで稼ぐのがやはりおすすめなので、真面目に3年先、5年先稼ぎたい人はぜひ私のメルマガに登録して頂けたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。