森田 大智 MAPPAは稼げるか詐欺か?私の口コミ評価

引用元:https://shr-pl.com/mappa/project/resale/?lid=5y7&aid=3hab

こんにちは、トシです。

今回は森田大智氏のMAPPAについてのレビューをしたいと思います。

最初に私の総評をまとめておきますので参考にしてください。

項目 詳細
総合評価   1.0

当サイトでは☆1~☆5で各案件を評価しています

案件名 MAPPA
販売者名 森田大智
特商法の記載 特定商取引法に基づく表記
販売者名 森田 大智
運営統括責任者 森田 大智
住所 北海道札幌市中央区南5西12丁目1297-4
電話番号 ?050-5361-2460
メールアドレス poplkiu1130●yahoo.co.jp
(スパム防止のため@を●にしています。
送信の際は●を@に変更してください)

※特商法の記載がない場合トラブルに発展することがあります

連絡先アドレス poplkiu1130@yahoo.co.jp
ノウハウ種別 無料オファー
ノウハウの信憑性   1.0

※管理人の主観評価です。数値の根拠は記事内に記載

稼げる可能性   1.0

※管理人の主観評価です。数値の根拠は記事内に記載

おすすめできる人 初心者を含めて万人におすすめできない内容
管理人の評価
MAPPAはおすすめできない内容です。誇大広告が目立ちますし、色々とボロがあって信憑性も限りなく低いですね。高確率でこの後に数十万円以上の高額塾のオファーがあると考えられるので注意が必要です。

森田大智 MAPPAがどのような考え方で広告されているのか?その裏事情

まず、MAPPA自体の良し悪しについて学ぶ以前に頭に入れておかないといけないことがあります。

まず、こちらの案件は最初は「無料」と謳われている上に「誰でも簡単に稼げそう」と錯覚させるかのような内容になっていますが、それ自体が仕掛け人の狙いになっているということです。

情報提供が完全に無料だとうたって集客していますが、最終的には「有料版ノウハウ」が高額塾や高額ノウハウという形で案内されることになります。

毎回、同じなので今回もその可能性が90%以上だと思います。

また、高額コンテンツの販売が最初になくて、まずは数千円~数万円の商品の販売があり、「安い」と思わせておいてその後に高額塾の販売が待っていることもあります。

もちろん、私自身は「高額塾の販売をしているから悪い」と言いたいわけではありません。

高額でも質が良いものはたくさんあるからです。

ただ、高額なものの質の良さが分かるのはある程度ビジネスをしている人だったりしますし、初心者がいきなり高額なものに手を出すと失敗することが多いのです。

そして、この手の案件で最も最終的に後悔するパターンが

  • これまでビジネスで稼いだことがない全くの初心者が
  • 「この案件は誰でも簡単に稼げそう!」という淡い期待に包まれて
  • その場の勢いで高額商品に申し込んでしまう
  • ただ、実際には最初の期待とは全く商品の内容が違っていた

このような流れになっています。

そして、知らず知らずのうちにこの流れの中に入り込むようにこの手のオファーは設計されていることが多いのです。

特にビジネス系の案件で「これ簡単に稼げるんじゃないか?」と思ったなら仕掛け人の思うつぼでそのタイミングで期間限定の締め切りが設けられて煽られることが多いです。

そして、「今だったら安く購入できる・・・」と勢いで参加してしまう、というのが典型的なパターンになります。

くれぐれもただお金を失うだけということにならないように注意が必要です。

MEMO
詳しくはこちらの記事でも仕掛けについて触れています

ネットビジネスの高額塾の仕掛けとは?実はたまに稼げるものがあるのも事実

森田大智 MAPPAがおすすめできない理由と評価

以上を踏まえてMAPPAを見ていきましょう。

引用元:https://shr-pl.com/mappa/project/resale/?lid=5y7&aid=3hab

まず特商法について見ていきましょう。

確認したところ連絡先番号やメールアドレスはキチンと書かれていますね。

無料商品の案内後からやってくる高額コンテンツに関しては別な特商法が用意されているのでしょう。

特商法として足りない部分はいくらかあるものの、連絡先や住所も書いてありますし大きな問題にはならないかと思います。

続いてノウハウですが、俗にいうMNP乞食になります。

MNPというのは携帯電話会社間で同一番号で会社だけ乗り換えられるサービスです。

  • AU→ソフトバンク
  • AU→ドコモ
  • ドコモ→AU
  • ソフトバンク→AU

このような形ですね。

通信会社も自社のユーザー獲得のためにあの手この手でサービスしており、スマホ代が一括0円になるようなケースも珍しくありません。

ノウハウとしてはたしかに利益の出るものであり、愚にもつかないような詐欺ノウハウとは違うと言えます。

ですが、このMNP乞食は実践が簡単で利益も出るだけあって、AUやソフトバンクなどの通信会社も対策を講じています。

2019年4月に法改正があり、MNPで一括0円などの過剰な割引はできなくなりました。

あまり記事にはなっていませんが、私が携帯会社の知人から直接聞いた情報です。

徐々に記事になりだすのではないかと思います。

そのような中でMNPで利益の出せる店舗を探すのには当然リサーチが必要ですし、在庫管理がずさんだと真っ青になるような携帯料金の請求がやってきます。

加えて、東京や大阪などの都市部が圧倒的に有利なノウハウであり、田舎に住んでいると都会ほどは利益が出にくいですね。

利益がきちんと出るものではありますが、自己管理、在庫管理、リサーチ、この3つができない人では赤字が膨らむリスクも有るということは覚えておいたほうがいいでしょう。

もっとも、初心者がMNP乞食に手を出すと在庫管理でやらかすことがおおい。

しかも、無料で提供されているMNPノウハウは間違っていることも多々あるため、今回の案件は積極的にはオススメできないですね。

森田大智 MAPPAの口コミや評判について

というわけで、MAPPAについて触れてきましたが、ここではネット上のブログなどに掲載されている口コミや評判を見ていきます。

携帯解約期間は通信料が発生するなどの経費も計算したうえで、キャッシュバックキャンペーンや携帯本体の販売代金も計算する必要があるため、すべて含め作業ができる方であればお勧めです。

引用元:http://aatenbryo2018.com/2019/06/16/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E5%A4%A7%E6%99%BA%E3%80%80mappa%E3%81%AF%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E7%A8%BC%E3%81%92%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F%E3%80%80mnp%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

この方はMNP自体のノウハウもご存知のようで、きちんとリサーチと計算ができる人ならそこそこ勧められると言っていますね。

それぞれの携帯会社により契約できる回線数など規約があるのでそれに違反すると、ブラックリスクに載ります。

引用元:http://leonx2525.blog.fc2.com/blog-entry-1131.html

このように注意喚起しているようなサイトも見受けられますね。

賛否両論と言った感じですが、ノウハウを知っている人は私と同じような意見を感じているようです。

もし、何か口コミがある場合はこの記事の下のコメント欄をオープンにしていますので気軽に書いて頂けたらと思います。

森田大智 MAPPA まとめ

以上、MAPPAについて私なりの見解を書いてみました。

この手の案件を見る際に気を付けて欲しいポイントがあります。

それは、「稼げる人」ほど恐らく、「なんか微妙なのきたな」と感じるだろうし、「稼げない人」ほど「もしかしたらこれで人生逆転できるかも」と感じるという点ですね。

その理由は「稼げる人と稼げない人」とでは「良いビジネスの定義」が違うからです。

もちろん、この手の案件はたまに稼げることもあるしMNP乞食自体は稼げるのでなんとも言えないのですが。

長期的な資産構築ができるようなノウハウではないので、結局はしっかりビジネスを学んで稼ぐのがやはりおすすめなので、真面目に3年先、5年先稼ぎたい人はぜひ私のメルマガに登録して頂けたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。